予防歯科

予防歯科prevention

虫歯や歯周病になりにくいお口の環境に整える

歯科検診

予防歯科は、虫歯や歯周病になってから悪いところを治療するのではなく、虫歯や歯周病にならないように検査や処置を行って歯の状態を守ることです。

虫歯や歯周病は、お口の中の環境が虫歯や歯周病になりやすいと起こります。

治療をして一回治っても、虫歯や歯周病になりやすいお口の環境が改善されなければ再発してしまいます。虫歯や歯周病を繰り返していると、歯や土台となる歯の骨が傷み、やがては歯を失うこともあります。

予防歯科に通っていると虫歯になりにくく失う歯の本数が少ないことは、国内外問わず報告されています。
歯の損失やお口の機能の低下から、食べることや話すことが障害され、全身の機能低下が始まることもいわれています。お口の健康を保つことは、将来の自分の健康を守ることです。
予防歯科で定期的にお口の状態をチェックして、お口の中を虫歯や歯周病になりにくい環境に整えていきましょう。

PMTC

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科で行う専門的な歯のクリーニングです。

PMTCの方法

家庭での歯磨きでは落としきれない、歯の表面に付いたバイオフィルム(細菌でできたネバネバした塊)を専門の器具と技術を用いて歯科医師や歯科衛生士がきれいに取り除きます。

バイオフィルムにいる細菌が虫歯や歯周病を起こすので、定期的に歯科でPMTCを行ってバイオフィルムを除去しておくことが大切です。

PMTCの効果

  • 虫歯や歯周病を引き起こす細菌を除去して虫歯や歯周病を予防します。
  • 歯の汚れや着色を取り除いて見た目を改善します。
  • フッ素が入ったペーストを使用し、歯質を強くします。
  • 歯の表面を滑らかにして、気持ちをスッキリとします。
  • 歯の汚れから歯茎に炎症が起こっている場合には歯茎の腫れや痛みを抑えます。

フッ素塗布

PMTC

フッ素湿布は、PMTCで歯をきれいに掃除した後に、高濃度のフッ素を歯の表面に塗ります。

フッ素は定期的に湿布し続けることで効果があるとされているため、定期的にPMTCとともにフッ素湿布を行うことがおすすめです。

フッ素湿布の効果

  • 虫歯を引き起こす虫歯菌は、酸をつくりだして歯を溶かしますが、フッ素は、酸に負けない歯質をつくります。
  • 虫歯菌が酸をつくって歯を溶かすことを抑えます。
  • 溶けた歯質を元に戻す再石灰化の働きで、虫歯になりかけている歯を治します。