精神鎮静法

精神鎮静法psychosedation

精神鎮静法とは

精神鎮静法

歯を削るドリルの音や振動、先が鋭く尖った器具を見ることが苦手で歯科に来られなくなってしまう方がいます。精神鎮静法とは、そういった歯科治療・手術に伴う不安感や恐怖心を和らげリラックス状態をつくり出す麻酔法です。

笑気ガスを吸入する吸入鎮静法、血管内に鎮静剤を投与する静脈内鎮静法の2種類があります。精神鎮静法は精神面に作用する麻酔なので、治療の際には治療の痛みを感じなくする局所麻酔が別途必要です。

鎮静法の効果

リラックス

鎮静法の効果は大きく分けて2つあります。

1つ目は、不安感や恐怖心を和らげリラックス状態をつくる効果です。うとうとした眠気がある状態になり、治療中のできごとを忘れてしまう方もいます。うとうとしていますが意識はあるので、会話をしたり音を認識したりすることができます。

2つ目は、嘔吐反射を抑える効果です。嘔吐反射とは、口の中に器具や手が触れた時に無意識にえずいてしまうことです。嘔吐反射を抑えることで患者さんの負担が減り、治療が安全かつスムーズに進みます。

治療中の緊張やストレスは高血圧症や糖尿病の方に悪影響を及ぼすことがわかっています。緊張・ストレスがかかると血圧や血糖値が上昇してしまいます。鎮静法で精神面の負担を軽減することは、体への負担を軽減することにもつながるのです。

精神鎮静法の種類

診療室

吸入鎮静法

鼻から笑気ガス(亜酸化窒素ガス)と高濃度酸素を吸入することで、安全でリラックスした状態をつくります。吸入したガスは息を吐くと体内から排出されるので安心です。また、臓器に対する作用はほとんどありません。

鼻からの吸入になるので、鼻づまりのひどい方や吸入装置が邪魔になる上顎の前歯の治療には使えないことがあります。

静脈内鎮静法

鎮静薬を血管に注入します。吸入鎮静法より高い効果を得ることができますが、全身麻酔に匹敵する体の管理が必要になります(治療日1~2週間前の診察、治療中の血圧計・心電図の装着、など)。

親知らずの抜歯やインプラント手術などの大規模な処置・手術、吸入鎮静法で効果を得ることができない方に向いています。


当院ではこちらの方法で外科、インプラント治療を実施しています。(麻酔は専門医が行います。別途料金必要。)治療説明の際お気軽にご相談ください。